小牧市のおおやま内科クリニック|内科、消化器科|大腸内視鏡検査、日帰りポリープ切除、便潜血精密検査

0568-76-8808

大腸内視鏡検査(大腸がん)|専門外来|豊富な経験をもつ専門家による治療を気軽に受けられる皆さまの健康の窓口です

大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査とは、専用の内視鏡を肛門から入れて、大腸全体を、内視鏡で直接見る検査です。

男女ともにかかりやすい、大腸がんの早期発見、早期治療のために…

大腸がんは、がんの中で死亡者数が3番目に多く、女性ではがんの死亡者数で1位の病気です。
大腸がんは症状が出た時には、残念ながら病気がだいぶ進行してしまっていることがほとんどです。
ですので、症状がない初期の段階で発見することが大切です。
便潜血検査も大腸がんの発見に役立ちますが、ごくごく初期の大腸がんは内視鏡の方が見つけやすいのです。
大腸がんの早期発見、早期治療のために40歳を過ぎたら年に1回受けるよう、おすすめしております。

大腸内視鏡検査を受けていただきたい方

  • 便潜血検査が陽性だった
  • 40歳以上
  • 大腸がんにかかった家族がいる
  • 血便のあった
  • 腹が張ったり、おなかが痛むことがある
  • 下痢や便秘がひどい

おおやま内科クリニックの大腸内視鏡検査

大腸の内視鏡検査は、患者さまによって、また検査する医師によっても、苦痛の度合いが大きく異なる検査方法です。院長の大山は日本消化器内視鏡学会の認定医であり、豊富な内視鏡検査の経験があります。安心してお任せ下さい。

便潜血検査でもわからない初期の大腸がんを発見できることも!

大腸内視鏡検査は、便潜血の検査でも見つけられない、ごくごく早期のがんを発見することができます。

便潜血検査は手軽にでき、健康診断としてはとても大切な検査ですが、決して精度の高い検査ではありません。
進行した大腸がんの1~2割と、早期大腸がんの5割が見逃されているのが現実です。

というのも、大腸の病気があったとしても、出血していなければ、便潜血の場合「異常あり」にはなりません。
また、出血していたとしても、その便に運良く血がついているとは限らないのです。

さらに、痔のために陽性になってしまうことも多く、患者さんを不必要に心配させてしまうことがあります。
不要な心配、病気の見逃しをしないためにも、大腸内視鏡で定期的に健康チェックしましょう。

以前苦しい体験をした方こそ、当院で内視鏡検査を受けてみてください。

胃カメラで苦しい思いをされた方もいらっしゃるとおもいますが、
実は胃カメラ以上に難しいのが、大腸カメラです。
大腸内視鏡検査は、医師の技術によって、検査の時間や苦痛、危険性が大きく変わります。

当院では、1.5メートルある大腸の一番奥まできちんとカメラを入れて、大腸全体をくまなく検査します。

過去、痛みが強くてつらい経験をされた方や、途中までしか入らなかった方は、ぜひ当院で検査を受けていただきたいと思っています。
以前の検査の時に、苦痛が強かった方へは、検査時に鎮静剤の使用も可能です。

検査で発見できる病気は?

  • 大腸炎
  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 大腸憩室症の有無

もし、ごく初期の大腸がんやポリープが見つかった場合は、できるかぎりその場で治療をします。
後日、治療(ポリープ切除)を行う医療機関もありますが、当院では患者さんの身体的、時間的、金銭的負担をできるかぎり少なくしたいと考えているため、検査と同時に治療を行うようにしております。

内視鏡では取りきれない大きな腫瘍が見つかったり、入院での治療が必要な場合は、小牧市民病院などと連携をとり、すぐにご紹介させていただきます。

大腸内視鏡検査にかかる料金

  健康保険3割負担
異常なし 約5,000円~6,000円
組織検査あり 約10,000円~17,000円
ポリープ切除 約20,000円~26,000円

※ 金額には、投薬料などは含んでおりませんので、おおよその金額になります。

大腸内視鏡検査の流れ

1

午前中に、腸管洗浄液(下剤)をご自宅で飲んできていただきます。
痛み等が心配な方は、クリニックの処置室で事前処置を行います。

2

13時~14時頃から検査を始めます。
検査時間は15分~20分です。
鎮静剤の点滴をする場合もあります。

3

検査終了後、鎮静剤がさめるまで、回復室でゆっくりとお休みいただきます。

4

診察室で画像を見ながら、医師より、検査結果のご説明をいたします。

 

付帯情報

フォントサイズ

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

内視鏡専門外来

おおやま内科クリニック

診療カレンダー

付帯情報バナー

  • 院長日記